ミニ碁のインターネット番組案(5)

従来案では阪急囲碁まつり等の公開対局と同じ画面構成にしています。一方、テレビ番組「ミニ碁一番勝負」では対局中に盤面映像を合成表示していました。今回は、全局収録したのち、解説等を別途収録し、合成処理を行う、という方法を考えてみました。

従来案を未読の方は先に従来案をご覧ください。

1. 対局者・解説者・聞き手の紹介およびリーグ状況の説明(2分、解説者・聞き手のみ出演)
2. 対局・説明(5~11分、別撮り合成)
3. 初手から大盤解説(5~8分、解説者・聞き手のみ出演)

シンプルディレイ方式に対応した対局時計は、Google Play で “simple delay” を検索すると見つかります。残り時間の表示方法としては、盤面映像にタブレット画面を入れる方法、タブレットスタンドを使う方法、モニタに出力する方法、の3つが考えられます。

以下は予算案です。コスト削減のため、棋院または棋院内の有志による自主制作(動画編集を含む)を想定しています。リーグ戦(4名)~リーグ戦(7名)のいずれの場合でも従来案より合成案のほうが制作費が高くなっています。聞き手をプロからアマに変えて出演料を抑えるなど、工夫が必要かもしれません。

リーグ戦(4名)の場合
全6局を収録します。

従来案 合成案
優勝賞金 10,000円 10,000円
準優勝賞金 5,000円 5,000円
出演料(対局) 80,000円(20,000円×4名)
1日(2~3時間)で収録
80,000円(20,000円×4名)
1日(1.5~2時間)で収録
出演料(解説・聞き手) 40,000円(20,000円×2名)
1日(2~3時間)で収録
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 15,000~20,000円 20,000~25,000円
動画編集料 0円(原則編集なし) 6,000円(1,000円×6本)
合計 150,000~200,000円 200,000~250,000円

リーグ戦(5名)の場合
全10局を収録します。

従来案 合成案
優勝賞金 10,000円 10,000円
準優勝賞金 5,000円 5,000円
出演料(対局) 125,000円(25,000円×5名)
1日(3.3~4.3時間)で収録
80,000円(20,000円×4名)
1日(2.5~3時間)で収録
出演料(解説・聞き手) 50,000円(25,000円×2名)
1日(3.3~4.3時間)で収録
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 20,000~25,000円 25,000~30,000円
動画編集料 0円(原則編集なし) 10,000円(1,000円×10本)
その他(諸経費) 40,000~85,000円 70,000~115,000円
合計 200,000~250,000円 250,000~300,000円

リーグ戦(6名)の場合
全15局を収録します。

従来案 合成案
優勝賞金 10,000円 10,000円
準優勝賞金 5000円 5000円
出演料(対局) 240,000円(40,000円×6名)
1~2日(5~7時間)で収録
180,000円(30,000円×6名)
1日(3.75~4.25時間)で収録
出演料(解説・聞き手) 80,000円(40,000円×2名)
1~2日(5~6時間)で収録
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 35,000~40,000円 40,000~45,000円
動画編集料 0円(原則編集なし) 15,000円(1,000円×15本)
その他(諸経費) 60,000~105,000円 70,000~115,000円
合計 350,000~400,000円 400,000~450,000円

リーグ戦(7名)の場合
全21局を収録します。

従来案 合成案
優勝賞金 10,000円 10,000円
準優勝賞金 5,000円 5,000円
出演料(対局) 350,000円(50,000円×7名)
1~2日(7~9時間)で収録
280,000円(40,000円×7名)
1~2日(5.25~5.75時間)で収録
出演料(解説・聞き手) 100,000円(50,000円×2名)
1~2日(7~8時間)で収録
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 45,000~50,000円 55,000~60,000円
動画編集料 0円(原則編集なし) 21,000円(1,000円×21本)
その他(諸経費) 40,000~85,000円 79,000~124,000円
合計 450,000~500,000円 550,000~600,000円

参考文献
・「日本棋院棋士派遣 価格表」 公益財団法人日本棋院。