ミニ碁のインターネット番組案(3)

以下はトーナメント戦・リーグ戦の予算案です。コスト削減のため、棋院または棋院内の有志による自主制作を想定しています。バランス的にはリーグ戦(5名)が良いように思えます。全10局あれば、隔週配信で約半年分になります。

トーナメント戦(4名)の場合
全3局を1日(1~2時間)で収録します。

優勝賞金 10,000円
準優勝賞金 5,000円
出演料(対局・解説・聞き手を兼ねる場合) 80,000円(20,000円×4名)
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 15,000~20,000円
その他(諸経費) 40,000~85,000円
合計 150,000~200,000円

リーグ戦(4名)の場合
全6局を1日(2~3時間)で収録します。

優勝賞金 10,000円
準優勝賞金 5,000円
出演料(対局・解説・聞き手を兼ねる場合) 80,000円(20,000円×4名)
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 15,000~20,000円
その他(諸経費) 40,000~85,000円
合計 150,000~200,000円

リーグ戦(5名)の場合
全10局を1日(3.3~4.3時間)で収録します。

優勝賞金 10,000円
準優勝賞金 5,000円
出演料(対局・解説・聞き手を兼ねる場合) 125,000円(25,000円×5名)
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 20,000~25,000円
その他(諸経費) 40,000~85,000円
合計 200,000~250,000円

リーグ戦(6名)の場合
全15局を1~2日(5~7時間)で収録します。

優勝賞金 10,000円
準優勝賞金 5000円
出演料(対局・解説・聞き手を兼ねる場合) 240,000円(40,000円×6名)
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 35,000~40,000円
その他(諸経費) 60,000~105,000円
合計 350,000~400,000円

リーグ戦(7名)の場合
全21局を1~2日(7~9時間)で収録します。

優勝賞金 10,000円
準優勝賞金 5,000円
出演料(対局・解説・聞き手を兼ねる場合) 350,000円(50,000円×7名)
クラウドファンディング手数料(10%の場合) 45,000~50,000円
その他(諸経費) 40,000~85,000円
合計 450,000~500,000円

参考文献
・「日本棋院棋士派遣 価格表」 公益財団法人日本棋院。